一生バレない包茎治療ガイド » ほうけい手術の失敗例

ほうけい手術の失敗例

包茎手術は残念ながら失敗するリスクもはらんでいます。このカテゴリーでは事例も見ながら、どのような失敗リスクがあるのか、それを防ぐにはどうすれば良いのかを解説していきます。

包茎手術のおもな失敗事例

包茎治療の失敗とはどのようなことを指すのでしょうか。クリニックの選び方、治療の選び方など、失敗要因にもさまざまなものがあります。3つのポイントから見てみましょう。

治療科選びで失敗

包茎手術の失敗のひとつとして、「治療を受ける科」選びのミスがあげられます。包茎手術はおもに「泌尿器科」と「美容外科」で受けられますが、治療方法や料金設定にはそれぞれ違いがあります。

以下のページでは泌尿器科と美容外科の治療の考え方の違いや、扱っている施術方式のメリット・デメリットを比較しています。しっかりチェックして、自分の希望する治療方法にはどちらが合っているのか、よく考えてみてください。

施術方法選びでの失敗

包茎手術で一番恐ろしいのが「施術方法」選びに関する失敗です。自分の包茎のタイプや状態をきちんと知ったうえで、最も適切な施術がなんなのかを知り、希望の施術が受けられるクリニックを探しましょう。

以下のページにも、失敗事例を記載しています。失敗を予防するためのポイントも交えてご紹介しますので、チェックしてみてください。

料金に関する失敗

包茎手術にかかる料金は、クリニックによっても施術方法によってもピンキリです。明確な基準が設定されていないうえ、個人の体の状態や事情によって追加料金が発生してしまうこともしばしば。そうした事情に付け込んで高額な料金を請求するようなクリニックもあります。

それでも治療が済めばまだよいのですが、もし万が一包茎手術に失敗してしまった場合、再手術をする必要が出てきます。以下のページでは再手術の費用相場やクリニックを選ぶ際の注意点を解説しています。

包茎治療クリニックの選び方に関する6つのポイント

包茎手術は男性器に手を入れるナイーブな手術であるために、確かな技術や実績を持つクリニックに手術をお願いしたいものです。ですが、包茎手術を依頼するクリニックを選ぶ際、どのようなポイントに気を付けるとよいのでしょうか?以下記事では、その疑問を解決するためのクリニックを決める際のポイントを6つ解説しています。