一生バレない包茎治療ガイド » 増えているって本当?中年期からの包茎治療

増えているって本当?中年期からの包茎治療

現在の日本では高齢化社会が進み、活力のあるシニア世代が増えてきています。そんな中で、まだまだ長い余生を楽しみたい、「第二の人生」を楽しもう、という動きが強まり、中高年の包茎治療や美容整形が盛んになってきているのです。

こちらでは中年期以降の方が受ける包茎治療について解説しています。

包茎手術の適齢期とは

一般的に包茎手術の適齢期はペニスの成長が終わった20~22歳と言われていますが、だからといって歳をとっても包茎手術が不可能になるかというとそうではありません。

現在、中高年期でも包茎手術をする人は増えているのです。ただし、歳を重ねると包皮に問題が出てきたり、体力的に衰えてきて手術が負担になるなど、若い人と同じような治療が受けられない場合があります。「思い立ったが吉日」。包茎治療をするのであれば早ければ早いほど良いのです。

中年期以降の男性が包茎手術をする理由

中年期以降に包茎手術を決意する理由はさまざまです。

包茎を放置しておくと雑菌が入って排尿障害や性病になるリスクがあるので、将来の健康のことを考えて手術をする、奥さんとの性交渉が少なくなって治療をしたことがバレにくくなったから治療する、将来介護を受けるときに恥ずかしくないようにする、孫と一緒にお風呂に入っていて恥ずかしい思いをしたから治療する……包茎治療を受けようと思ったきっかけは人それぞれ。

長年のコンプレックスが解消されて、「もっと早く治療しておけば良かった」と言う人も。いまや、中高年の方が手術を受けることも当たり前のことだといえます。

いま平気でも危ない?老人性包茎の危険

「今はしっかり皮がむけているから大丈夫」という油断は禁物。歳をとって体質が変化し、ペニスが萎縮したり、皮膚がたるんでくることにより、結果として包茎になってしまう「老人性包茎」も十分ありえることです。現在、60代の5人に1人は包茎の症状が見られると言われています。

高齢になってから「亀頭に皮がかぶり始めてきた」「仮性包茎のようになってきた」という症状が見られたら要注意。老人性包茎が進行している危険があります。老人性包茎も治療が可能なので、まずは信頼のおけるクリニックを探しましょう。