一生バレない包茎治療ガイド » 増えているって本当?中年期からの包茎治療 » 中年期以降の男性が包茎手術をする理由

中年期以降の男性が包茎手術をする理由

いま、40代50代あるいはもっと上の年代でも包茎手術を受ける人が多くなってきています。その理由を解説しましょう。

歳を重ねてから包茎手術を決意する理由とは?

長年包茎に対してコンプレックスを抱いてきた方が、満を持して包茎手術をするというケースも増えてきました。

もちろん、近年では歳を重ねても「まだまだ現役で頑張りたい」というアクティブな方が増えてきたのも要因です。

一方で、特に40代、50代になると奥さんと性行為をする機会が減ってきて、ペニスを見られる機会も減ってきたことで長年悩んでいた包茎を治療しようとする人も増えていると言われています。
仮に治療しても、手術したことがバレにくいから、安心して治療に踏み切れるというわけですね。

孫と一緒に風呂に入って指摘されるケースも

お孫さんがいる男性で意外と多い包茎手術のきっかけが、「孫と一緒にお風呂に入った」ことです。

今まで包茎を気にしていなかったけど、孫にペニスを見られて、「おじいちゃんのおちんちん変」「おじいちゃんのおちんちん臭い」と言われたことにショックを受けて治療を決心する人も多いそうです。

また、孫が生まれる前にそうしたショッキングなことにならないよう、あらかじめ包茎手術を受ける人もいます。

将来のことを考えて

老後のことを考えて包茎手術をする人も多いです。包茎を放置しておくと雑菌が繁殖して泌尿器系の疾病にかかるリスクが高まります。

また、将来介護を受ける立場になったときのことを考えて、「包茎だと見苦しい」「臭いで迷惑をかけたくない」と思い、包茎手術をする人も多くなってきています。

皆さん、さまざまな理由で包茎手術を受けられます。今や歳を重ねてからの治療は当たり前になってきました。

ただし、若いときとは異なり、歳を重ねると包皮に問題があり治療が難しくなるケースも少なくありません。そこで、まずはカウンセリングや検査などで体質やペニスの状態をしっかり見てもらった上で治療を進めるのが重要です。

丁寧な施術の包茎治療
クリニック3選を見る