一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎度はチェックできる?自分でチェックする方法について解説

包茎度はチェックできる?自分でチェックする方法について解説

自分が仮性包茎であることは分かっても、具体的にどのくらいの症状なのかまではなかなか分からないものです。本記事では、自分の包茎がどのくらいの状態かをチェックする方法について解説していきます。

※ただし、あくまでもチェックの目安ですので正しく知りたい方は、専門のクリニック・病院で見てもらいましょう。

包茎度チェックの方法

自分がどの程度の包茎度なのかについては、自分でペニスを見てみて判断しましょう。目安として軽度、中度、重度それぞれの状態の包茎について見ていきたいと思います。

軽度の包茎

軽度の包茎であれば、勃起時には亀頭が完全に露出させられます。このため、ペニスを日頃からきれいにすることを心がけていれば、不衛生が原因となる炎症や臭いといった問題の発生を予防可能です。そのため、何か大きな問題につながることはほとんどありません。

軽度とはいえ包茎であることに変わりはありません。できるだけ短い周期で、亀頭部分とカリ部分を丁寧に洗うことを心がけてください。ペニスをきれいにするときは、手で皮をむいて優しく、丁寧に洗うとよいでしょう。

中度の包茎

次に中度の包茎です。

軽度の包茎と同様、勃起時には亀頭が包皮口から顔をのぞかせますが、軽度の仮性包茎と比べるとやや皮が残った状態になるのが中度の仮性包茎と考えましょう。

軽度の仮性包茎と同様、皮を被っている状態だと汚れを溜まりやすく、臭いや炎症の元になってしまいますが、自力で剥くことができるため、定期的に掃除していれば大きな問題には発展しづらい状態です。

軽度と比べると剥き癖をつけづらく、手術以外の方法で仮性包茎を治すのが難しいです。

重度の包茎

最後に重度の包茎です。

勃起時にも亀頭が包皮口に覆われており、自力で亀頭を露出させられないのであれば、重度の包茎と考えましょう。

自力で露出させられないと、皮と亀頭の間にたまった汚れを除去することが難しく、臭いや炎症といった状態に発展しやすく、それがもとで病気になる可能性もあります。重度の包茎であれば、病気になってしまう前に手術して皮を除去してしまった方が後々の心配を無くせるでしょう。

手術の適齢期はあるの?包茎と年齢

包茎と年齢はどのような関係があるのでしょうか?

基本的に、子どもはみんな包茎です。子どもから大人に成長する過程でペニスが大きくなり、包茎でなくなっていく場合と、そうでない場合に分かれていきます。高校生~大学生になっても包茎のままである場合には、日頃からペニスを清潔な状態に保てるよう意識することが必要です。

大人になった後、年齢を重ねていくと包茎はどう変化するのでしょうか?

基本的に大人になった後については、年齢を重ねるごとに包茎が深刻化することもなければ、勝手に包茎が治っていくこともありません。ペニスが完全に成長した後は、そのままの状態がずっと続くと考えるとよいでしょう。

そのため、重度の包茎で手術を考えているのであれば、できるだけ若いタイミングで治療を受けたほうがよいでしょう。その方がより長い間手術の恩恵を受けられると考えられるためです。

包茎がペニスの成長に影響を与える?

包茎は亀頭を皮が圧迫している状態ですので、そのままの状態でペニスが成長してしまうことでペニスが先細りした形状になるとも言われています。そのため、成長期に入る前に包茎を手術してしまえば、ペニスの先細りを防げる可能性が期待できるでしょう。とはいえ、小学生~中学生の頃からそうしたことに関心のある方は稀かと思います。

基本的には、病気の可能性があるなど、問題がある場合を除いては小学生~中学生の頃に包茎手術をする必要性はありません。

また、こうした習性を利用して、自分のペニスが先細りしているかどうかで包茎の程度を判断することにも役立てられます。