一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎治療の体験談

包茎治療の体験談

この記事では、包茎治療に関する体験談をお伝えします。包茎治療を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

包茎治療前の葛藤を乗り越えての治療

私は大学2年生まで真性包茎、正確には仮性包茎でした。けれど、仮性包茎といっても、剥こうとすると皮からピイィと悲鳴あげるほど、重度な仮性包茎。年齢を重ねるごとに、その仮性包茎は私から男としての自信を奪っていきました。

女性から告白をされたときは、硬派な男性を演じて、交際を断る。押し切られて付き合い始めたとしても、セックスはしない主義をアピールしていました。

ある日、男性誌で包茎は衛生的に良くない、という記事を見てからは、毎日のようにペニスを洗うように。けれど、皮がむけないので、皮と実との間に水を入れて、洗う努力が必要でした。

セックスが避けられない場面では、部屋してコンドームをつけて何とごまかしてました。けれど、セックス中はどうしても皮が開こうとするので、とても痛かったです。

20歳を迎えたタイミングで施術を受けることを決意しました。お金は数十万したのでローンで返済し、手術のあともは残ってしまっていましたが、手術を受けて良かったと思っています。

ただ、親に悟られないように成人した後に、手術を受けたのですが、一時ローンを返済し忘れた時に手紙が自宅に届いた時には焦りましたね。

50万円弱の費用で手術

手術をすることを決めて、実際にクリニックに足を運んだ時に必要だったの持ち物は3つでした。身分証明書と印鑑、お薬手帳の3つです。もしも、薬を処方してもらったけれど、お薬手帳を持っていない・無くしたという方は服用薬を持っていくといいかもしれません。

私が通院したクリニックは2階にあったので、エレベーターを使って受付まで行きました。受付を終えてしばらく経つと、個室のカウンセリング室に移動して、そこでアンケートを記入。アンケートを書き終えた後にカウンセリングを行いました。

カウンセリングでは、料金や施術方法の説明、オプションメニュー、手術後に注意するべきポイントについて説明してくれました。手術やオプションではその方法のメリットだけでなく、デメリットの説明までしてくれましたよ。説明が一通り終わった後に、診察室へ移動して下半身裸の状態になり、診察台の上で診察。その後、診察した結果を踏まえて、具体的な費用の話をしてくれました。

私の場合は最低限の手術費用であれば45万円程度で、オプション付きに変更した場合は50万円ほど。個人的には剥けるようになればいいかなと思っていたので、45万ほどの手術をお願いしました。

そして、ここのクリニックは日帰りが可能だったので、当日に手術を行いました。施術の前には、他のクリニックで再度診てもらい納得したら施術を実施してもよいと言われましたので、セカンドオピニオンという手もありだと思いますよ。

手術はやはり怖かった

手術の前に調べていて分かっていたけれど、レビューの多くは麻酔の注射がそもそも痛いということでした。実際に私も手術を受ける前に、注射器を見た時少し震えてしまいました。頭の中では麻酔の中だと思っていても、体は正直…。大の大人が情けないなと思いつつも、そんな私でも手術は最後まで受けきることはできました。

麻酔は合計で10回くらい売ったかと思います。正直これだけでも恐怖でしたね。けれど、亀頭に直接麻酔を打つということはなく、根元の日畏怖に一周の円を描くようにして注射してもらいました。

1本目2本目と打って行くわけですが、1本目には痛みを感じたんですが、2本目からはほとんど感じなかったですね。同じような場所に麻酔を打っているので、すぐに感覚がなくなっていったんだと思います。それと、麻酔の数を重ねるたびに、震えも止まっていました。

手術中は自分の意思で頭と下に向ければ、様子が見える状態でした。手術中にさすがだなと思ったのが、看護師の方が私がリラックスしたタイミングで冗談をいう姿。私の不安や緊張をほぐしてくれようとしてたんだと思います。

手術後は親にばれないようにするのも大変

私は手術を受けた後、いくつか注意事項をお医者さんの方から伝えられました。「激しい運動の禁止」「トイレの際は包帯に尿がつかないように気を付ける」「入浴は禁止。局部にビニール袋を巻いてシャワーのみにとどめる」「軟膏と飲み薬を飲む」「自慰行為の禁止(1ヵ月ほど)」など、確かこのくらいだったかと思います。やはり手術後は少し不自由な生活を送ることになりました。

それと私の場合は、近しい人に治療がバレるのが恥ずかしかったので、この手術後1ヵ月間をいかに自然に生活できるかがポイントでもありました。なので、お風呂やトイレなど、どんな時であろうと注意を払いながら、親にばれないように暮らしてましたね。

術後の経過を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 1週間:外側の包帯を外す
  • 2週間:内側の包帯を外す
  • 3週間:クリニックで抜糸

4週間目からは薬を塗りながら経過観察していました。ちなみにですが、抜糸後も1ヵ月間を経過するまでは自慰行為はしてはいけないとのことでした。素人意見ですが、しっかり皮膚がくっついていない状態で、擦ってしまうと傷が開いてしまって、出血などのおそれがあるんでしょうね。