一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 切開以外の包茎治療

切開以外の包茎治療

こちらのページでは手術以外の包茎治療について解説します。

包茎は手術しなくても治る?

包茎治療というとまずは手術を思い浮かべるかもしれませんが、中には「痛い」「怖い」ということで、手術をせずに包茎を治したいと思われている方もいるかと思います。

手術以外にも包茎を治療する方法はあります。

まず1つ目は器具を使う方法です。リングのような器具をペニスに装着し、包皮を根本側に寄せることで、包茎を矯正します。

2つ目に薬で治療する方法です。仮性包茎の場合は、ペニスを大きくすることで包茎を改善できる場合があります。ペニス増大効果がある薬を服用することで、治療を進めます。
また、包皮を接着する外用薬を使って、亀頭が包皮をむけた状態に固定する方法もあります。

手術をしない治療法は効果的?リスクはある?

ネットを見てみると、包茎リングやペニスを増大させるサプリなどが販売されています。

こうしたグッズを使えばクリニックに行かずに自分で包茎を改善することもできるのですが、根本的な解決にはなりませんし、むしろリスクが高まると言えます。包茎リングを使うことでペニスを傷つけたり、雑菌が入って感染症になったりするリスクが考えられます。

ペニス増大効果を謳ったサプリやバイアグラなどの勃起薬は体質に合わないと効果が出ないどころが副作用を引き起こす恐れもあります。

また、「接着剤でペニスの包皮をくっつける」というような民間療法を紹介しているようなサイトもありますが、あまりにも危険すぎます。

包茎手術なら根本的な解決ができる

包茎手術であればペニスの余分な包皮を切除するので、包茎を根本から治療することが可能です。また、カウンセリングで体質や症状を把握し、それに合わせた治療法を、専門の知識や技術をもった医師が施してくれるので安全性も高いです。

生兵法は怪我の元。まずはクリニックに相談してみましょう。こちらのサイトでは、おすすめの包茎治療専門クリニックをご紹介しています。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る