一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎手術の種類

包茎手術の種類

こちらのページでは包茎手術の種類について解説しています。

こんなにたくさんある包茎手術の種類

「手術」と聞くとなんとなく「怖い」「痛そう」というイメージがあるかもしれません。包茎手術にはどのような方法があるのか、費用相場も含めて見てみましょう。

環状切除法

包茎手術の中ではもっとも難易度が低いとされる手術。亀頭から少し下、陰茎の中ほどの包皮を切除してつなぎ合わせる方法です。費用相場は10万円前後ですが、保険を適用すると5万円程度です。

亀頭直下切除法

亀頭のギリギリ下から皮を切除する方法です。縫い目が亀頭に隠れてしまうので、皮のつなぎ目での上下の色の違いが目立ちません。こちらも費用相場は10万円ほどです。

縦切開横一文字縫合手術

包皮を切り取らない手術法です。亀頭が出にくい、包皮のいちばん狭い部分を縦に切開し、横に広げて横一文字にすることで、亀頭が露出した状態を保つことができます。費用は5万円前後です。

バックカット手術

余っている包皮を陰茎の根元に寄せて、余った分を環状に切除する手術法です。こちらも保険が適用可能で、3万円~で手術が可能です。

埋没陰茎長茎術

太っていたり、陰茎を引き込む靭帯のはたらきが強かったりする人は、陰茎が体内に埋もれてしまうことがあります。これを引っ張り出すことで、包茎を治療するのが埋没陰茎長茎術。ペニスの根元を切開し、靭帯と筋膜を固定します。他の手術の補助治療としても使われます。費用相場は10万円~17万円程度とクリニックによって異なります。

予算や症状によって手術の方法は異なる

包茎手術を受ける際には、予算や症状によって適切な方法を選ぶことが大切です。誤った方法を選ぶと、費用が予算以上にかかったり、見た目が悪くなってしまったりというリスクが伴います。

そのためには、症状をしっかりと見極めた上で、適切な治療を行ってくれるクリニック選びが重要。口コミなども参考にして慎重に選びましょう。

こちらのサイトでは、東京で包茎治療を専門にしているクリニックを紹介していますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る