一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎手術の種類 » 背面切開(バックカット)術

背面切開(バックカット)術

こちらのページでは、包茎手術の一つである背面切開術について解説します。

背面切開術ってどんな手術?

バックカット手術 バックカット手術

背面切開術は、重度の仮性包茎やカントン包茎のほか、真性包茎の治療として用いられる手術方法。一時的に包皮の変形が生じますが、手術を行うことで軽度の仮性包茎の状態になります。

具体的な手術方法としては、まず包皮と亀頭が癒着している場合は剥がし、その後に包皮口を縦に切開。包皮口を広げて亀頭が露出しやすいようにした状態で縫合します。

背面切開術は余った包皮を切除せずに縫合するのが特徴。環状切開法などの手術と組み合わせて包茎を治療するケースも多いようです。切除しない手術という点から、子どもの包茎治療としても活用されています。

手術後の状態

背面切開術は包皮を切除しないため、包皮を取りすぎるというリスクが起きることはありません。また、切開部分も少ない範囲で済むため、傷の回復が早くなりますし、後遺症のリスクも低いと言われています。

しかし、傷跡が目立ちやすく、稀なケースで術後に大きく腫れてしまうことも。包皮を切除しないため余分な包皮がたるむ、左右に垂れ下がってくるなど見た目を損なうケースもあるようです。

さらに、包皮と亀頭が癒着していた場合、手術の傷跡が治るとともに再度癒着しはじめ、手術の効果が薄れてしまうことも考えられます。手術を検討する際は医師とよく相談してから決めると良いでしょう。

アフターケア、気を付けるべきこと

背面切開術の場合、手術前に全身麻酔をかけて行うため、ほとんど痛みを感じません。手術自体もだいたい15分ほどで終了します。切開する部分も少ないうえに包皮を切除しない手術法なので、術後の身体への負担も少ないのが特徴です。

傷口も小さいため術後の痛みも少なく日帰りで手術が受けられるので、術後の回復のために仕事を休む必要もありません。縫合で使用する糸は溶けるタイプのものを使用するケースが多いので、術後問題がなければ通院も不要です。

行っているクリニックの紹介

銀座リプロ外科

中央区銀座にある銀座リプロ外科は、男性不妊・性機能障害専門のクリニックです。

包茎手術をはじめ、男性不妊やED、AGAなどの診療を行っています。

包茎治療では、バックカットや亀頭直下切開などのメニューを用意。手術用顕微鏡や手術用ルーペを用いて行うマイクロサージャリーの技術を活かして、傷が目立たない手術を行ってくれます。

桐友クリニック新松戸

泌尿器科や皮膚科、内科、アレルギー科など幅広い治療に対応している桐友クリニック新松戸。経験豊富な医師が複数在籍しており、麻酔専門医立ち合いのもと、安心して手術が受けられる体制を整えています。

包茎手術の方法として、背面切開術と包皮を環状に切除する環状切除術を用意。泌尿器科専門医がしっかり診察したうえで手術を行ってくれます。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る