一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎手術の種類 » 環状切除法

環状切除法

このページでは、安全性が高いうえに低価格で受けられる環状切除法について解説しています。

環状切除法ってどんな手術?

環状切除法 環状切除法

環状切除法とは、亀頭を中心に余分な包皮をリング状(環状)に取り除く方法。代表的な包茎手術の手法で、多くのクリニックで受けられます。

環状切除法は、安全性が高いうえに比較的簡単に手術でき、短時間ですむのが特徴。裏筋の小帯を切除しないで温存できるため、感度が下がるリスクも抑えられます。また、環状切除法は保険が適応されるため、他の手法よりも低価格で手術が受けられるのも嬉しいポイントです。

しかし、環状切除法は陰茎の中腹ほどの包皮を切除して縫合する手術のため、縫合跡が目立つことも。亀頭より数cmほど下で縫合されるため、手術跡から亀頭に近い箇所と根元に近い場所とで色が分かれツートンのように見えることから、ツートンカラーとも言われています。パートナーや周りに包茎手術を受けたと知られたくない方には不向きと言えるでしょう。

手術後の状態

手術の際は麻酔を施してくれるため、痛みが抑えられます。出血量が少なく、包皮も勃起した時の陰茎の長さを測って切除するため、術後のつっぱりをほとんど感じません。環状切除法はだいたい1時間ほどで終了。入院する必要はなく、日帰りで治療が受けられます。その日から仕事も可能です。

アフターケア、気を付けるべきこと

術後は基本的に通院は必要ありませんが、クリニックによっては抜糸や術後の経過を確認するために通院させるところもあります。シャワーは翌日、場合によっては翌々日から可能です。入浴は術後の経過が良ければ2週間後から入れます。

激しい運動やアルコールも約1週間は控えてください。手術後にスポーツなどの激しい運動を行うと、縫合した箇所の回復が遅くなり、自然な仕上がりにならなくなってしまうことがあるので注意しましょう。性交渉に関しても、約3週間後~1ヶ月後から可能になります。

東京の環状切除法の費用相場

10万円台が相場

東京都内における環状切除法の費用相場は7~10万円が相場です。環状切除法、または環状切開法と表記されることもあります。包茎のすべての症状に対応可能な治療法です。包茎治療としては基本的・一般的な施術法で特別な技術を必要としないこともあり、数多くのクリニックで実施されています。また、費用相場もほかの施術法に比べると低めです。

症状によって費用相場は変わる

真性包茎やカントン包茎は「治療が必要」とみなされるため、医療保険が適用されます。泌尿器科で真性・カントン包茎の治療として環状切除(切開)法の手術を受けると、費用は自己負担分の1~3万円程度。しかし、美容クリニックでは保険が適用されないため手術費用は約20万円前後が相場です。仮性包茎は保険適用外となり、美容クリニックでの相場は8~16万円となります。

行っているクリニックの紹介

コムロメンズクリニック

手術を行ううえで「腫れない・痛くない・傷跡が目立たない」を基本としているコムロメンズクリニック。包茎手術をはじめ、亀頭増大や長茎術、陰茎増大術などを専門としているクリニックです。

包茎手術では、クランプ法(無血環状切開法)を用意。余分な包皮を専用器具で挟んで切除し、丁寧に縫合してくれます。無血操作で治療ができ、術後の抜糸も必要ありません。

エストクリニック

これまで約10万件の執刀実績を持つ総院長が診療を行うエストクリニック。カウンセリングから手術、アフターケアまで責任を持って対応してくれます。包茎手術では環状切除をはじめ、自然に剥けた状態のようになる根部切除法、亀頭直下理没法を用意。状態や要望に合わせて治療方法を提案してくれます。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る