一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎手術の種類 » 根部環状切除術

根部環状切除術

このページでは、傷跡が目立ちにくい手術方法・根部環状切除術について解説しています。

根部環状切除術ってどんな手術?

根部環状切除術 根部環状切除術

根部環状切除術は、余分な包皮を陰茎の根元部分で環状に切除する包茎治療です。

他の手法の場合、陰茎の開口部付近の包皮を切除するケースが多いのですが、根部環状切除術は陰茎の根元付近の余分な包皮を切除して縫合するのが特徴。縫合した箇所は陰毛で隠れてしまうので、自然な仕上がりになり、傷跡が目立たないのがポイントです。手術の傷跡を亀頭下に作りたくないという方におすすめの手術方法と言えます。

しかし、傷跡は陰毛で隠れますが、陰嚢側(裏側)から見た場合、陰茎と陰嚢の境目ができてしまうことも。また、包皮が細くくびれている箇所がある場合、根部環状切除術は適応されないことを把握しておきましょう。

手術後の状態

根部環状切除術はだいたい30分ほどで終了。術後に入院する必要はなく日帰りで治療が受けられるため、当日から普通の生活を送ることができます。手術を受けて2週間後に再度来院し抜糸を行う場合もありますが、クリニックによっては患者の都合(仕事でなかなか通院できない、遠方から来院したなど)に合わせて抜糸を不要にすることも可能です。

ただし、術後2週間は患部が腫れたり内出血を起こしたりする場合があります。徐々に落ち着きますが、気になることがあれば医師に相談しましょう。

アフターケア、気を付けるべきこと

根部環状切除術のアフターケアとしては、手術を受けて2日経ってからシャワーを浴びることが可能です。入浴はだいたい2週間後から行えます。手術を受けて2週間ほどは腫れが出やすい状態のため、スポーツなどの激しい運動は控えるようにしてください。また、傷口が開いてしまうおそれがあるので、術後4週間~1ヶ月ほどは性交渉も控える必要があります。

行っているクリニックの紹介

エストクリニックメンズ

カウンセリングからアフターケアまで高い品質管理と安心を提供しているエストクリニックメンズ。包茎治療はすべて、20年以上のキャリアと10万件以上の執刀実績を持った院長が対応してくれます。包茎手術は根部切除法をはじめ、環状切除法や亀頭直下理没法など幅広い方法を用意。根部切除法では、自然に剥けたような状態に仕上げてくれますよ。

みやび形成外科

五反田駅から歩いて3分の場所にあるみやび形成外科。日本形成外科学会専門医である院長が、直接手術を行ってくれるクリニックです。包茎手術では、陰茎根部環状切開法や亀頭直下V字環状切開法などのメニューを用意。状態や要望を踏まえて最適な手術方法を提案してくれます。形成外科医ならではの高度な技術で、傷跡が目立たないナチュラルな形態に仕上げますよ。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る