一生バレない包茎治療ガイド » こんなにある!ほうけいの治し方 » 包茎手術の種類 » 埋没陰茎長茎術

埋没陰茎長茎術

陰茎が短い原因は、体内に埋もれてしまっている場合があります。このページでは、奥に潜っている陰茎を引っ張り出し、元の長さに戻す埋没陰茎長茎術についてまとめました。

埋没陰茎長茎術ってどんな手術?

埋没陰茎長茎術 埋没陰茎長茎術

埋没陰茎長茎術とは、ペニスを支える靭帯を引き出すことでペニスを長くしていく方法です。陰茎が短い原因には、肥満体型や靭帯の引き込む力が強い方に多く見られます。そのため、「ペニスが短い」、「座ると体内に埋まる」など、日ごろ陰茎の長さに悩んでいたことが解消できるでしょう。

埋没陰茎長茎術の手術方法では、まずペニスの根元に麻酔を行ないます。十分に麻酔が効いた後は、陰茎の根元を3センチ程度切開。体の中に引き込まれているペニスと靭帯を外に引き出して固定させます。埋没陰茎長茎術はこれで完了です。

約30分で終わるため、日帰りで受けられる施術です。傷跡は陰毛の中に隠れるので目立たないのが特徴。また、埋没陰茎長茎術は手術なので、永久的に効果があります。

手術後の状態

埋没陰茎長茎術をした後は、ペニスの付け根あたりをガーゼで押さえていきます。手術後3日目にはガーゼをはがすことができ、抜糸がある場合は1~2週間後に外します。通院可能であれば2~4日目に検診をしていきますが、施術によっては通院の必要がない場合もあります。

アフターケア、気を付けるべきこと

埋没陰茎長茎術を受けた後は、傷を悪化させないように十分に注意していきましょう。

シャワーを浴びる際は、手術後1週間は患部が濡れないようにしてください。性行為は1ヶ月後から行うことができます。仕事は手術当日から可能で、重労働以外であれば支障をきたすことはありません。

また、飲酒は3日間控えるようにし、患部に痛みや血のにじみがなければ4日目から少量なら飲むことが可能です。

術後の経過は個人差がありますので、何か不安なことがあればすぐにクリニックに相談してみるといいでしょう。

おこなっているクリニックの紹介

東京新宿メイルクリニック

大久保駅から歩いて約3分の場所にある東京新宿メイルクリニック。完全予約制となっているので、プライバシーが保たれているのが特徴です。

埋没陰茎長茎術では、メイルクリニックオリジナルのZ式長茎手術を行なっています。ペニスの根元を切開し、靭帯と包皮内側の筋膜を固定することで埋まったペニスを引き出します。吸収糸を使用するため、抜糸が不要な手術です。

有楽町美容外科クリニック

開院18年の実績とキャリアを持つ有楽町美容外科クリニック。長茎術では埋没陰茎矯正(埋没式・クイック式)と陰茎延長(靭帯固定)があります。

埋没陰茎矯正は、特殊な糸を使用することで切らずに長く見せる方法です。切開しないため、傷跡もほとんど目立ちません。

陰茎延長はペニスの根元を切開して埋もれたペニスを引き出す方法です。溶ける糸を選択した場合は通院する必要がないので、体の負担も少なくて済みます。

一生バレない包茎治療
クリニック3選を見る